弁護士の仕事

「弁護士」という仕事があることを知らない人はいらっしゃらないでしょう。
しかし、この弁護士という仕事がどのようなことをする仕事なのか、と言われた時に、正確に説明することが出来る人がどれくらいいらっしゃるでしょうか。
なんとなくどんな仕事なのかということは理解していても、具体的な内容についてまでは理解していない人も多いのではないでしょうか。
弁護士というとドラマや映画などで、法廷で戦う姿がスポットライトを浴びることが多いでしょう。

こういった作品においては多くの場合、「冤罪の犯人を弁護して無罪を勝ち取る」というような役回りで配役されています。
そのため、弁護士を「正義の味方」のように勘違いしてしまっている人も少なくないのではないでしょうか。
勿論、こういった側面が全く無いというわけではありませんが、実際の弁護士の仕事というのはこれほど華々しいものかというとそうではありません。
むしろ、地味な仕事の方が多い職業なのです。

まずもって、そもそも「裁判」にまで至ってしまう事件というのはそれほど多くはありません。
弁護士が担当するのは「刑事事件」だけではなく「民事事件」の方が圧倒的に多いためです。
民事事件は裁判まで行って解決に至るというケースよりも、当人同士の話し合いによって良い落とし所を見つけて解決する「和解」で解決をするケースの方が多く、弁護士はこのサポートをすることになります。
当サイトでは弁護士がどんなことをしているのか、詳しく紹介します。



≪注目サイト≫
法人向けの民事再生から個人向けの離婚まで幅広く対応している大阪の弁護士事務所です > 弁護士 大阪